わからないことを聞こう

コミュニケーションを取ろう

会話をすることが、コミュニケーションに繋がります。
初めて会った税理士と、どんな会話をすれば良いのか分からない人が多いでしょう。
緊張していると、情報を的確に伝えられなくなってしまいます。
そこで気になったことを、質問するのが良い方法です。
こちらはわからないことがたくさんあると思います。

内容を理解しないまま進められると困るので、その前に聞いて解決してください。
しっかり相談し、話を聞いていくことで、法律などの知識がない素人でも理解できると思います。
コミュニケーションを取って、税理士と仲良くなってください。
気になったらその場で質問することが大切です。
後回しにすると、疑問に感じていたことを忘れてしまいます。

電話で聞くのが良い方法

依頼する税理士が決まったら、携帯電話の番号を聞いておきましょう。
すると自宅にいて疑問を感じた時でも、すぐに質問できます。
これから長い付き合いになるかもしれないので、すぐに連絡できる手段がないと不便です。
事務所の固定電話だけでは、税理士が留守にしている時は連絡できません。
携帯電話なら、どこにいても通じます。

メールで質問することもできますが、返信まで時間が掛かると忘れないでください。
質問の内容によっては、今すぐ答えを知りたいと感じるでしょう。
そんな時は電話を掛けてください。
後で答えを教えてもらっても大丈夫な内容なら、メールで聞いてください。
質問によって、どの手段を使って聞くのか使い分けても良いですね。



TOP