詳しく説明しなければいけない

情報を共有すること

税理士と、自分が情報を共有してください。
自分だけが知っている情報があると、税理士から信頼されなくなってしまいます。
トラブルが起こっている時は、税理士に細かく説明することに抵抗を感じる人がいるでしょう。
恥ずかしがって、情報を言えないかもしれません。
ですが情報を伝えなければ、税理士が理解してくれません。

対応を間違えてしまいますし、実力を発揮できなくなります。
デメリットしかないので、細かく何が起こっているのか情報を伝えることを意識してください。
いつトラブルが起こったのか、自分がどのような対応をしたのか伝えましょう。
必要な情報かどうかは、税理士が判断してくれます。
ですからとりあえず、全ての情報を伝えましょう。

何をしてほしいのか伝えよう

どのような結果にしてほしいのか伝えることで、税理士はそれに向けて実力を発揮してくれます。
何も言わないと、自分が抱いていた結果とは異なる結果になってしまうかもしれません。
ですから相談したり、話し合ったりすることは重要です。
納得できるまで、税理士と話し合ってください。
どのような結果にしてほしいのか、具体的に決まっていない人がいるでしょう。

とにかく自分が有利になるよう終わらせたいなら、その旨を伝えてください。
税理士はなるべく、依頼人の希望に応えるため力を貸してくれます。
ですが情報が少ないと、何をすれば良いのかわからず行動できないことも多いです。
多すぎるぐらいがちょうど良いので、何でも税理士に話してください。



TOP